忍者ブログ

WRITE | ADMIN

プロフィール
HN:
S3-万博
性別:
男性
自己紹介:

about me/三刺音

過去制作物

ご意見ご感想ご連絡等ありましたらはこちらへ
s3man.sss▼gmail.com

模型等の趣味について書いてます。
最新記事
(11/19)
(09/01)
(06/03)
(05/22)
(05/04)
最新コメント
[02/26 是空]
[06/13 S3]
[06/12 ひやむぎ]
[06/03 S3]
[05/29 兄さん]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




去年完成した模型は6つでした。

5454.jpg









去年はReturn to Foreverの来日ライブや
zazen boys+坂田明+近藤等則のセッションライブなどに行きましたが
見に行った中で一年通して一番感情が揺さぶられたのは
金沢のバンドのNINGEN OKの演奏でした。




また関西に来た時には絶対見に行く!


 
PR



この度は、自分が所属しているガッデム立体シンジケート、Plastic Chamber主催で
来年の四月にweb上にて1/16スケールのフィギュアを題材にした
創作フィギュアコンペを開催します!
その名も「1/16 discipline」

116.gif





大まかなレギュレーションについては
「1/16スケールのフィギュアを題材にしたオリジナル作品であれば参加OK!」
来年の4月1日~14日の間にs3man.sss▼gmail.com(▼は@へ変換)の方まで
作品画像を送って頂ければどなたでも参加可能です。
ミキシングビルド、フルスクラッチ問わずどんと来いです。

募集期間終了後、特設サイトの方で全作品を掲載させて頂く予定です。
コンペと言ってはいますが特に順位などはつけませんのであしからず。

趣旨としては「色んな人のオリジナル作品を見てみたい!」
「そしてそれを一カ所に集めて見れる場所があれば壮観だろうなぁ…!」
という自分の願望が発端です。
オリジナル作品オンリーといったコンペはあまりなかったので、なら自分たちでやろう!
というわけで、開催に至りました。

最近チャンバー内でも流行っている1/16スケールフィギュアを使っての改造が
大きすぎず小さすぎず、改造をするのには丁度良い素材で楽しいので
みんなもやろうよ!!といった感じです。

詳しいレギュレーションなどはこちらのサイトへ
今回もstevenさんがカッチョ良い告知サイトを作ってくれました!
thx!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
http://plasticchamber.xxxxxxxx.jp/other/116.html

みさなんのご参加、チャンバーのメンバー一同お待ちしております!!
どうぞよしなに!
 



去る11月20日に催されたma.k関東展示会に行ってきました。
…今更だけどレポだよ!

ツボにきた作品を。

74dd7520.jpg










まず初めは、ヨコオさんの「stand by」
半重力装置が発生させる有害なパルスを兵器として転用する…
というアイディアが凄い好きです。
メカの中央に人面を配置するインパクトのあるデザインでありながら
それでいて締まった雰囲気なのがたまりません。
思わず鬼頭栄作さんの「惑星旅行」のジューコフを思い出しました。


181aab91.JPG







お次は神戸智一さんの「シュトラール軍無人装甲二輪車両」
ボディから前輪にかけてのフレーム部分が特にツボにきました。
台座も作品とマッチし凝っていて好きです。


602dffc6.jpg








ノイさんの「スレイプニル」
かなり巨大な作品で未完成ではありましたが、凄まじい迫力でした。
各所に何のパーツが使われているのか非常に気になります…


634a4ce0.jpg







スケキヨさんの「軌道上の怪物」
その巨大もさもさることながら、洗練された曲線が目を惹きました。
佇まいが大変美しかったです。


38a586ec.jpg







毒猿さんの「マイオリジナル1(judgment day)」
本体の異形感と細部の密度が凄まじいです。
そして、三本のアームのそれぞれ天国、地獄、転生という役割や
モノクロの死後の世界の中で
そこだけスポットライトで照らされているかのように塗装されたグスタフなど
模型から物語やバックグラウンドを色々妄想できるような
非常に凝った作品演出に視線を釘付けにされました。


asakk.jpg







こちらはヤタさんの「I can fly」
全体像の写真を撮り忘れてしまったのですが
凝ったベースや独特なフィギュアにより
独自の世界観がそこに形成されていていました。
錆びた金属や枯れた大地というのもたまりません。


6225b0e3.jpg










そしてこちらは横山オサムさんの「The Princess&Cyclops」
横山オサムさんが作られる「メカと人」という構図は大変魅力的で
以前製作されていた「POLIZEI GANS」と泣いている少女を題材にした
「Autumn Leaves」でも今回の作品でもそうなのですが
本来無機質なはずのメカに
どこか暖かさだったり感情的なものを感じられる構図や
指先一つにまで行き渡っている演出に熱い拘りを感じます。

そしてfgでのma.k.展示会vol1の頃から
僕自身が何かとお世話になっている横山オサムさんが
今回の展示会にてこちらの作品で入賞されたという事で、本当におめでとうございます!


55259aef.jpg








最後は今回の展示会で一番ガツンときた塗装
Lincoln wrughtさんの「Oh My Nutz!」です。
凄い情報量…
塗装工程を見てみたい…
家帰った後も撮影した写真を眺めていました。

前回の展示会では満を持しての新キットの発売ラッシュということもあり
市販のキットを使用して塗装に凝った作品が多かった印象でしたが
今回は、マイオリジナルのラインで攻めている作品が多数あり
個人的に大変見応えのある展示会でした。

会場の照明も暗くもなく、明るすぎるわけでもなく丁度いい塩梅で
良い雰囲気が漂っていました。

そして次こそは…参加を…



11月5日に名古屋で開催されたモデサミに参加してきました。

会場では展示した模型を見て話しかけて下さる方も多く、
思っていた以上に色々な方と話せて楽しいひと時に。

会場にはマーラー、継衛、スーパーS2、未完成ジオとデカいもんばっか持って行って展示。


RIMG3931.jpg







1/6バイクに乗ったジオ

帰ってきた後に気づいたんですが
今回のモデサミ会場が、草薙神剣で有名な熱田神宮までかなり近い場所だったらしく
行けばよかったと後々結構後悔。

あと、ういろうが美味しかったです。

 



コミティア無事に終わりました。

コミティアには今までにも何度か足を運んでいたのですが
こうして売り手側として参加というのは初めての経験。
コミティアの雰囲気は割とまったりしてるというか
会場内も慌ただしくなくて過ごしやすかったなー。

RIMG3887.jpg







会場でのPlastic Chamber卓の様子です。
本と一緒に生模型も生展示。
今回の本の表紙が赤だったのでディスプレイも赤を基調に。
チャンバーの二人からも結構好評だったので、気合入れて作った甲斐があったってもんです。
やっぱ立体物の展示はかなりインパクトがあるようで、会場内でも結構好感触な感じでした。
即売会で模型展示なんて、どアウェーになるんじゃないかと思ってたんですが
意外や意外、購入されるだけでなく、声をかけてくれる方や写真を撮っていかれる方もいて
コミティアのフトコロはあたたかかったです。
ありがとうございます。

次の本のネタも決まってるので今後もガンガン行きたいところですね。



 





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Solid State Survivor ] All Rights Reserved.
http://sss.sugo-roku.com/