忍者ブログ

WRITE | ADMIN

プロフィール
HN:
S3-万博
性別:
男性
自己紹介:

about me/三刺音

過去制作物

ご意見ご感想ご連絡等ありましたらはこちらへ
s3man.sss▼gmail.com

模型等の趣味について書いてます。
最新記事
(11/19)
(09/01)
(06/03)
(05/22)
(05/04)
最新コメント
[02/26 是空]
[06/13 S3]
[06/12 ひやむぎ]
[06/03 S3]
[05/29 兄さん]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





製作していたオリジナルクリーチャーがようやく完成しました。

RIMG0999.JPGRIMG0978.JPG










手前にいるのは去年作った甲冑を纏ったバイク乗りです。

この人。
org20740_0_127384.jpg








クリーチャーに合わせて今回作り直してみました。

後ろにあるのは三柱鳥居。
RIMG1097.JPG










実際に日本の各地にいくつかあります。

RIMG0624.JPG








こちらは京都の太秦にある木嶋座天照御魂神社の三柱鳥居。
境内にある元糺の池に建てられていて
本来なら下部が水に浸かっている状態だったのですが
2008年に行った時には残念ながら湧水が干上がってしまっていました。

オールプラ板製です。
こちらの方は結構すんなり作れました。

23.JPG









ついでに。


RIMG0558.JPGRIMG0960.JPG










クリーチャーと甲冑の製作中画像も。かなり初期画像。
太もも部分形状は三回くらい変わりました。
今回一番頭を悩ませた場所かも。
ポーズも今とは微妙に違います。
頭とか腕とか。

454545.JPGa1bcc606.JPGRIMG1068.JPG










RIMG1044.JPG








一応手前から順に
甲冑(西洋)
ヒンドゥー教の聖典に登場する長腕で細腰の英雄アルジュノ+中国の青銅器(東南アジア)
三柱鳥居(日本)

とモチーフを分けてそれぞれの役割を持たせたりしてます。


とにかく時間が掛かりましたが無事完成できてよかったー。
ということで初フルスクラッチ、初クリーチャーと色々初めてづくしでしたが
その分得たものも多かったです。

今回培った工夫や技術を今後上手くミキシングの方に生かせればなぁと。

ap.JPG






PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:無題
完成おめでとうございますm(_ _)m

なかなか良い感じの空気感ですね。
宗教がらめっていうのも、好きです。

背骨や筋肉のスジスジのところのキモさ、色の加減色々参考になりました(^_^)


MiZi 2010/09/11(Sat)11:10:26 #edit

 Title:返信
ありがとうございますー。
ようやく完成です!

胸を張って「これは俺のオリジナルだ!」と言えるものを作りたいと思い立ち
ここ半年くらいコレばかり弄ってました。
オリジナルを作る上で、自分の好きなもの、興味のあるものに素直になる事の重要さが今回身に染みましたねー。
結果自分の場合、寺社巡りや妖怪の伝承だったり
民俗学が好きなのでそういう面が前面に出てきた感じです。
ベースから世界観を匂わすというのも今回の狙いの一つだったので
空気感を感じ取ってもらえたのであれば製作者冥利に尽きます。

自分もmiziさんの塗りには毎回多くの刺激をもらっています。
というかmiziさんのザクヘッド見ると
「俺にはこここまでリアルに再現しきれんー!凄い目と情熱だなぁ…」
ってなります(笑

コメントありがとうございますー!
S3 2010/09/15(Wed)01:21:54 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< 継衛 | HOME | お盆 >>



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ Solid State Survivor ] All Rights Reserved.
http://sss.sugo-roku.com/